「神待ち」とは

神待ち近年「神待ちサイト」、「神待ち掲示板」などと呼ばれる、少々アンダーグラウンドのサイトながらも、人気が徐々に増してきている印象があるサイトが増えつつありますが、では、この「神待ち」とはいったい何を意味するのかということについて、ここではお話していきたいと思います。
一般的に、「神」というのは、「神待ちサイト」や「神待ち掲示板」に書き込んだ女の子の投稿に対し、救いの手を差し伸べようとする男性のことを表しています。神待ちサイトや神待ち掲示板では、主に若い世代の女の子が、その晩とまる場所やその晩たべるご飯や金銭などのサポートをしてくれる「神(男性)」を募る書き込みをするわけですが、これに、より良い条件で応じてくれる男性が「神」ということになります。つまり、「神待ち」というのは、そうした男性をサイトで待つ女の子の行為を指します。
一見すると、神待ち行為というのは、かわいい女の子がにっちもさっちも行かなくなってしまって、優しい男性が「仕方ないなぁ・・・」などと言いながらも、かわいそうな女の子に救いの手を差し伸べてあげるという、非常に微笑ましい行為のように思われるかもしれませんが、しかし実際には、男性のほとんどが、女の子たちの神待ち行為に応えてあげたことに対する「見返り」を望むことになります。そして、お金がない女の子たちにできる見返りは、当然、「体で払う」ことになるわけです。
最近では、特に若い女の子が未成年だったりすることで、たいへんな問題に発展してしまうケースもあり、神待ち行為自体が「善からぬこと」という見方をされることが多いです。

どんな神待ちサイトがあるのか

どんな神待ちサイトがあるのか最近ではもうすっかり広く認知されるようになってきた「神待ちサイト」ですが、神待ちサイトというと、どちらかといえばアンダーグラウンドのサイトですから、これまでにまだ一度も目にしたことがないという人も少なからずいるのではないかという気がします。特にこれまでに一度も神待ちサイトを見たことがないという人の場合、神待ちサイトというのが、まるでたったひとつしかないサイトを指しているかのように感じている人もいるようです。
しかしながら、実際には、「神待ちサイト」と呼ばれるサイトは、たったひとつということはもちろんなく、類似のサイトも含め、かなりの数のサイトの総称として、ひとつの「分類」というイメージのほうがしっくり当てはまるのではないかという気がします。もちろん、同じ神待ちサイトであっても、そのサイトによってそれぞれ特徴があるため、実際には、神待ちサイトにもいろいろなタイプのサイトが存在していると考えて間違いないです。
かつて隆盛を極め、一時代を築いた感もある「出会い系サイト」をイメージしていただければわかるとおり、神待ちサイトに関しても、やはり自分が何を目的としているのかということをまずは考えて、自分に合った神待ちサイトを選んで利用するという考え方のほうが無難であるといえるでしょう。そのためにも、まずは複数ある神待ちサイトのうち、それぞれのサイトが果たしてどんな特徴を持っているのかということをある程度は把握しておくことが重要になります。
ただし、どんなことがあっても、未成年者との淫行や、援助交際のような出会いは絶対に慎むべきです。

なぜ神待ちサイトが注目を集めたか

なぜ神待ちサイトが注目を集めたか近年、出会い系サイト以上に注目されてきている可能性があるのが「神待ちサイト」です。もちろん、その利用人口の違いから、単純な利用者数で比較すれば、それは当然「出会い系サイト」のほうが利用者数が多く、そうした単純比較なら、「出会い系サイトのほうが全然人気ある」と考えることは当然できます。しかしそもそも神待ちサイトというのは、あまり表に出てこない、どちらかといえばアンダーグラウンドのファクターが強いサイトであるという特徴を考えると、近年の神待ちサイトが相当注目を集めているということがわかります。
では、なぜ神待ちサイトがそれほど人気を博しているのか、ということが大きな疑問になります。そこにはいろいろな考え方があるわけですが、やはり特に、「少女の家出」や「少女からの救援要請」というところに、若い女の子が好きな男性が狂おしいほどの魅力を感じているという側面が大きいようです。
やはり、不特定多数の男性に対して援助の要請を行うわけですから、たとえ中学生や高校生の未成年であるとは言え、男性がその要請を受け入れたということがいったい何を意味するのかということくらい、女の子なら深く理解しているはずです。それであるにもかかわらず、女の子の判断は、「背に腹は代えられない」ということになるわけですから、逆に言えば、神待ちサイトを利用している男性からすれば、「ふつうでは絶対にできない体験ができる可能性が生まれる」というところに、大きな魅力を感じることになるわけです。
このあたりの事情が、神待ちサイトの人気を下支えしているという印象があります。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.